新常識!知りたかったマンションのこと

マンションの下見で注意したいこと

新築にしても中古にしても、マンションを購入する際に、下見はしないという人はほとんどいないでしょう。
不動産広告のイメージや街の雰囲気にのせられて後で後悔することのないようにするには、しっかりとした下見が肝心です。
まずは下見の場合に持参するものをご紹介しましょう。
まずは間取り図、巻き尺、ペンと紙、周辺の地図、スマホやデジカメなどを用意しましょう。
そして一人ではなく必ず家族や友人など複数人数で行きましょう。
大切なチェックポイントは、まず収納です。
例えば間取り図では1間ある押し入れでも、半分が棚になっているので大きな物は収納できない場合もあるので、開けて構造を確認したらその旨を間取り図やメモに書いておきましょう。
また押し入れの床や壁を手で触って湿気がないかもチェックして下さい。
収納はお部屋だけではなく、台所や玄関、浴槽、トイレ、洗面所などの収納スペースもどれ位あるか確認しましょう。
その際に、カメラで写真を撮影しておくと後で比較検討する際に役立ちます。
キッチンの使い勝手や設備、換気、冷蔵庫を置くスペースも確認して下さい。
そして、コンセントの場所や数、電話やTVの配線の位置も確認して、間取り図に書き込んでおくと、引越しの時に家具のレイアウトに役立ちます。
扉や窓は全て開けてみることも大切です。
新築ならそのようなことはほとんどないとは思いますが、中古の場合や築年数が古い場合などは立て付けがが悪いとストレスが溜まります。
マンションの周辺をぐるりと歩いて見て、建物全体を眺めたり、ゴミ置き場や非常階段などの目立たない共有部分の確認もして下さい。
特に中古マンションの場合、そのような部分が不衛生であったり、電球が切れたまま、非常階段なのに荷物がおいてあるなどのケースは、管理が行き届いているとは思えません。
またベランダに出て、非常口や眺望の確認も忘れずに行いましょう。
周囲のマンションやビルなどから自分の部屋が覗ける位置にないかも要確認です。

オススメワード

Copyright 2017 新常識!知りたかったマンションのこと All Rights Reserved.