新常識!知りたかったマンションのこと

ペット可の物件購入時のチェックポイント

ここ数年でペット可のマンション物件はだいぶ多くなりました。
分譲マンションの場合は、賃貸と異なり新築マンションの場合はペットを飼ってもいい物件はかなり増えてきました。
ただ、普通の一般的なマンションの管理規約でペットを飼っても良いですよ、とうたっているだけで、特別にペットと飼い主のための工夫が凝らされているわけではありません。
もしペットを飼っていてマンションを購入する場合や、マンションを購入してペットを買おうと計画している場合は、設備がペット対応になっている物件を探すのがおすすめです。
最近ファミリータイプの新築マンションや、大規模マンションなどで多いのが、「足の洗い場」です。
エントランスの横に足洗い場を設置しているので、歩いて汚れた足のままマンション内に入ることもありません。
また足洗い場の側にグルーミング室を設けているところもあり、散歩帰りに虫などが付着していないかブラッシングをしながら確認することもできます。
大規模マンションの場合は、敷地内にドッグランを設けていることもあり、散歩にでかける時間の無い時、天候の良くない時でも犬に運動をさせてあげることができます。
さらにペット共生マンションは、建物の外だけではなく室内にも設備が整っています。
部屋のドアに犬や猫が自由に出入りできる小さな扉が付いていたり、危険なキッチンには自由に立ち入らないよう、柵や扉の工夫がなされていたりしています。
また床にペットのトイレシートを敷く場合は、防水加工にしてある床があったり、ペットのハウスを収納しやすい空間が作られているケースもあります。
もしペット共生型マンションではなく、一般的なマンションを購入してペットと暮す場合は、犬が走ったりする際に音が響かないように床の遮音対策がなされているかを確認しましょう。
吠える声がうるさい犬の場合は、防音壁や防音窓などの物件のほうがご近所トラブルも防げます。
さらに購入する前に飼えるペットの数や大きさ、種類などの確認も忘れずに確認しておきましょう。

オススメワード

Copyright 2017 新常識!知りたかったマンションのこと All Rights Reserved.