新常識!知りたかったマンションのこと

将来の地震に備える免震構造とは

地震国である日本では、マンション購入の際に一番気にしなければならないのが地震に対する設備です。
もちろんその土地自体が、真下に活断層が走っていないか、地盤のゆるい埋め立て地などではないかなどをきちんと調べてからマンションを探す地域を絞ることが大切です。
その上で今度はマンションが耐震構造なのか、免震構造なのか、制振構造なのかを調べましょう。
この違いを把握しておくことで、物件を選ぶ時にかなり違いが出てきます。
まず、耐震構造とは、その名の通り地震に「耐える」ことができる構造だということです。
今もっとも多いタイプで大きな揺れでも大地に足を踏ん張って倒れないようにする仕組みです。
そのために建物自体が崩れないような強度はありますが、2階以上はかなり揺れるので家具が倒れたり、窓ガラスが割れたり、食器などが落ちて来たりなどのリスクはあります。
そして制震構造とは、その名の通り地震を「制する」構造のことです。
地震エネルギーを吸収する特殊な部材を組み込んだ住宅のことで、地震による揺れを素早く吸収し収めるので、耐震構造よりもより耐震性はアップしています。
そして免震構造の場合は、その名の通り地震を「免れる」ことのできる構造のことです。
マンションの土台となる足元に免震装置を取り入れているので、地震のエネルギーを地下で吸収し建物に伝えることを防ぎます。
そのためにかなり大きな地震でも揺れが低減するので、建物自体にダメージを受けることが少なく損傷する可能性は低くなります。
さらにそれにより家具が倒れたり、置物や食器が落ちて来たりなどの被害も減少し、心理的な恐怖感も小さいので落ち着いて冷静に行動することができます。
地震対策としては免震が一番優れていると言えるのですが、その分値段はかなり高くなります。
ただ最新の免震構造では、さまざまな免震の難点を克服し、コストも抑えたウインカー工法を使ったマンションも登場しています。

Copyright 2017 新常識!知りたかったマンションのこと All Rights Reserved.